基本の素材

Pt900
プラチナ純度率90%を表し、純度の高い割り金で配合。硬度、耐久性からブライダルリングに最も適していると古くから受け継がれる最高のクォリティです。加圧により地金が絞まり、より重量感が得られます。

プラチナ
産出量が少なく稀少価値が高いプラチナは、貴金属の中でも比重が重く手にした時の重みが得られるのが特徴。大気中で錆びずに天然の白色、美しい輝きが保たれることから永遠の輝きを誓う意味でブライダルリングに選ばれ続けています。

K20
純金率83.5%を表し、合金として純銀と銅を配合。純金の含有量が多いため金色が濃く、比重がやや重いのが特徴。黄金色に近づけた温もりのある輝きが特徴です。

ゴールド
自然色の純金(K24)は黄金色ですが、宝飾品として使うために他の金属を混ぜて合金を作り添加する金属により色や硬さを変えることができます。魅了する金色、加工の容易さから何千年も前から硬貨や飾りなど、宝飾品として重宝されてきました。

K18WG
純金率75%を表し、合金としてプラチナと高品質金属を配合。品質を高めプラチナ色に近い輝きに。K18ゴールドに比べ比重が重く、ホワイトゴールド特有の酸化を防ぐよう調合し、ロジウムメッキ処理を必要とせず施しておりません。

K18
純金率75%を表し、合金として純銀と銅を配合。
耐久性を高め、赤色と黄色のバランスを整えて調合した金色は広く親しみやすい輝きを放ちます。

0.1ctより小さなダイヤモンド

マリッジ、エタニティリングに扱うダイヤモンドは、国内外にて厳選された無色透明でカット(研磨)が美しい希少な品質をさらに検品してお選びしています。
輝きを最大限に引き出す屈折率、反射率が最も美しいと言われるラウンドブリリアント58面体をセッティングしています。

ダイヤモンド

何億年と長い年月の中地下で結晶となり、偶然に創られた自然界でもっとも硬い鉱物ダイヤモンド。研磨が施され、たぐいまれなる光沢と鮮やかなファイヤを放つほんのわずか一握りのダイヤモンドは、稀少性が高く人から人へ受け継がれ尊ばれています。

【エンゲージリング・ダイヤモンドについて】