Cut(カット=輝き)Clarity(クラリティ=透明度)Color(カラー=色)Carat(カラット=重さ)
頭文字をとって4Cと呼ばれるダイヤモンドの4つの要素とグレードをご説明いたします。

Cut(研磨)

【美しさを決定する一番大切な要素】
ダイヤモンドの美しさはカットによって引き出されます。
カットグレードは理想的なプロモーションと、フィニッシュ(研磨・対称性)が評価となり、 厳しい基準をクリアしたダイヤモンドは取り込んだ光を理想的に屈折させ、反射光が強く光り輝きます。
グレードは5段階に格付けされており、主に総合評価が最良とされるExcellentを お選びしています。


【H & C】 ハート&キューピット

特にシンメトリー(左右対称)の優れているダイヤモンドを専用のジェムスコープで覗くと、上面から8本のアロー(矢模様)と下面から8つのハートが見えます。「ハート&キューピット」と呼ばれ『ハートを射抜く』縁起の良い模様から婚約指輪に選ばれているカットです。鑑定書にはプロポーションレポートが付属します。


Clarity(透明度)

透明度は結晶になる過程でとりこんでしまう内包物などの多さで等級が決まります。
光の通過を邪魔する内包物やキズが輝きを損なってしまい、無キズから内包物の大きさや数でグレードが11段階に分かれています。
VSクラスからは人の目で内包物を見ることは困難で、ダイヤモンドの輝きにも影響がないといわれています。
主に透明度の高さにこだわったVS1クラス以上をお選びしています。


Color(色)

婚約指輪にはFカラー以上をおすすめしています。
ダイヤモンドのカラーは無色透明から黄色みがかっていく微妙な差に応じてランク付けされています。
最高クラスと呼ばれる無色のDカラーに近いほど希少性が高く評価され、ほぼ無色とされる[F]カラー以上をお選びしています。


Carat(重量)

キャラットは宝石の重さの単位で、1キャラット(1ct)は、0.2gに相当します。
一般的に大きくなるほど高価になりますが、ダイヤモンドの価値は大きさだけではなく、カット、クラリティ、カラー、カラットを
合わせたクォリティバランスの美しさによって価値が決定されます。


 グレーティングレポート  (鑑定書)

ダイヤモンドの品質証明書です。
公正で厳密な鑑定機関である中央宝石研究所(CGL)を主に採用しており、プロの宝石鑑定士がカット、カラー、クラリティ、カラットを細かくレポーティングしています。
エンゲージリングご購入の際におつけしてますので、必ず保管しておくことをお勧め致します。